FX(外国為替証拠金取引)をはじめよう


今後、自己責任という名のもとに自分の資産を自分で増やしていかねばならない時代が、そこまでやってきています。

本業だけでは、食っていけないと焦る前にFX(外国為替証拠金取引)の知識だけでも入れておくことをおすすめします。

本業の傍ら もう一つの収入の経路を作ってみませんか

画像が表示されないときは、再読込を お願いします



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年からFXの税制が変わります。
店頭FX取引やCFD取引も取引所FXや日経225先物ミニなどと同じく税率は申告分離課税20%に一本化となります。
これからは、給与所得者がFX取引などで年間20万円以下の利益が出た場合も利益に対して20%課税されることになるわけですね。

ひょっとすると増税となるかもしれないです…。
FX取引をしている人で、年間20万円以上の利益を上げている人は少ないと思います。
でも利益が年間~20万円の人は数多くいるでしょうね。

今まで課税しなかったこの人たちから少しずつでも税金を取ることは、大衆課税に近いかもしれないです。
何千万円もFXで利益を上げている人などは ごくわずかで その人たちが支払う税額は一人当たりにすると大きな金額でしょうが、これから課税されることになるFXの税金全体としてみると そう大きくないかもしれないです。
少しの利益を上げた人たちから少しずつ税金を取ることで 今まで以上の税収を見込んでいるのかもしれませんね。

各市場での取引に対して損益通算が可能になったり、損失の繰り越しができるようになったりして便利にはなるのですが、FX取引の税率が20%になったからといっても年間を通じて利益を上げないと意味がないです。
素人が簡単に儲けることができる世界ではないということは知っておく必要があると思います。

私たち個人投資家は日々腕を磨いて 相場に負けない努力を積み上げていくしかないと強く感じます。



【2012/01/01 20:50】 | FX全般
トラックバック(0) |
DMM FX が引き続きスプレッドキャンペーンを執り行います。
期間は来年2011年1月末日までで、前回のキャンペーンを引き継ぐような形です。
近頃は、EURとUSDのお国事情が不安定な為、EURUSDペアの値動きが良いです。
レートはかなり振幅するのにスプレッドは0.7銭という低スプレッドです。
EURをUSDで買ってはみたものの値動きが悪くすぐ撤退したいときでもスプレッドが0.7銭だと気軽に撤退できますね。

基本的にGBPJPYペアをトレードしているのですがEURUSDが気になって気になってしかたがないのです。
まぁGBPJPYペアのスプレッドも1.5銭だから かなり狭いのですが… でも1銭以下のスプレッドって憧れます。
なぜEURUSDペアかというとGBPJPYペアの値動きが悪い時に他通貨ペアのトレードをしたいのです。
GBPJPYペアが動き出すまで待っていると寝てしまう…のです。
だから現在、GBPJPYペアの値動きが悪い時にスプレッドが狭くて値動きの良い通貨ペアを探しているのです。

でも、GBPJPYペアも もうしばらくすると長期的に見て一旦反発する位置にいるようなので、その動向も注視しながらトレードに打ち込もうと思っています。
GBPJPYペアの値動き次第でトレードする通貨もトレード法も変わってくるので、これから対応が大変かも…


DMM.com証券





【2011/10/30 21:16】 | FX業者比較
トラックバック(0) |
DMM FXに続き 外為ジャパンもGBPJPYスプレッドを最狭の1.5銭固定にしました。

期間は10月3日から10月31日までですが、かなりしのぎを削っています。

みんなのFXも1.6銭固定なので このあたりがFX業者にとっても損益の分かれ目なのかなぁという気がします。

ただ、スリッページ設定を0にしてこの最狭スプレッドを享受しようとすると やはり約定拒否にあう確率があがると思います。

各社がスプレッド競争に走るせいかどうかはわからないですが、ここのところGBPJPYのレートの値動き(1回当たりの振り幅?)がかなり狭くなってきたように感じます。

とても取りづらくなっているので、スキャルピング→デイトレードに変更しようかとも考えています。

さらに最近はEURJPYの値動きが良く、スプレッドも狭いのでおいしそうに見えてきました。

スプレッドは狭い業者で1銭を切ったところでしょうか?なかなかいいです。

急騰急落がちょくちょくあるので、うまく波に乗るとかなり取れそうです。

もう少しEURJPYの値動きを確かめてトレードしてみたいと思っています。

ちなみにEURUSDの値動きスプレッドもいいのですが、値動きがイマイチわからないので手を出していません。


外為ジャパン




【2011/10/01 18:27】 | FX業者比較
トラックバック(0) |
DMM FXといえば 低スプレッド提供業者のトップクラスを突っ走っているFX業者です。
今回8月末までのスプレッドキャンペーンが終了し、このあといつものようにキャンペーンを継続するのかどうか気になっていたのですが、ほぼ同じような内容で10月末まで継続するようです。
特にGBPJPYペアは前回のスプレッド1.6銭から0.1銭下がり1.5銭となります。
0.1銭ですが、その気持ちがうれしいですよね。

あまりスプレッドにこだわってしまうとトレードタイミングを逸してしまうのですが、新規エントリーをスリッページ0設定、決済注文も一応スリッページ0,クイック決済はスリッページなしでトレードしているのでクイック決済時は思わぬレートで約定する時もあります。
(スリッページは注文した時のレートとFX業者サーバーのレートとのレート差が設定したスリッページの値内であれば約定し、スリッページ値より大きい場合は約定拒否となります。)

基本的なトレードスタイルが上がってくるレートに売りをぶつけ、下がるレートを買い向かうスタイルなので約定しやすいはずなのですが、時に拒否されるケースもあります。
低スプレッド業者で約定拒否率を少なくするためには…
1.約定拒否を避けるためには下げ止まりを狙って買うのではなく下がっている途中で買う?→怖すぎ!
2.狙う値を決めて指し値注文にする
3.スキャルピングをやめて もう少しポジション保有時間を長くする

昔は低スプレッド業者でもガンガン約定していたのですが、近頃なかなか簡単には約定しなくなってきました。
勝手な思いとしては、レートがガクッと下がった時にすぐレートを戻すのではなく 少しの間はその下がったレートに留まって約定させてほしいなぁと思っています。









【2011/09/03 17:40】 | FX業者比較
トラックバック(0) |
DMMは波に乗っているFX取引業者ですが、新しいFX取引ツールとして デスクトップ型取引ツール AIR版が登場させました。

見た感じは クリックFXのスピード注文ツールに似た感じの取引ツールですが、内容はすこし違うようです。

大きなプライスをクリックすることにより注文を出すことができるのが特徴です。

FX業者も力をつけてくると独自の取引ツールを開発していくわけですが、デスクトップ型取引ツール AIR版もその一つです。

今回は初回版ということでみんなの反響が気になるところですが、真剣に期待していますので気になるところを書きます。


現在、ノートパソコンを使って外出先で取引することもあるのですが、ちょうど小さめのウインドウで取引できるツールがほしかったところです。

説明を読むと新規注文と決済注文を切り替えなければいけない…
これはノートパソコンでちょこちょこ変えるのは面倒。
両建てできなくてもいいからプライスをクリックするだけで新規注文・決済注文ができるようにしてほしい。

そして、買い…買い…買い…と買い進んでいき、ここまできたら一括決済売り…といきたいところですが、この機能がついていないようです。一括決済の機能もつけてほしいです。

上記のことがキーボードを使って実行できるようになると最高です。

このFX取引ツールにDMMのスプレッドなら鬼に金棒でしょうね。期待しています。






【2011/08/06 17:40】 | FX業者比較
トラックバック(0) |
結構長い間 スプレッドキャンペーンが続いていますが、スキャルピングをする上で このスプレッドキャンペーンはやはりありがたいです。

今回は8月末日までのキャンペーンとなっていますが、GBPJPYペアなどでは1.6pipsとなっており、他社で5pipsほどのところと比べても取引数量や取引回数を考えるとずいぶんお得になります。

低スプレッドを享受するためにスリッページ設定を「0」にすると約定しにくいということもありますが、損益をシビアに考えていくとエントリー時のスリッページは「0」になります。
基本的にはエントリー時、下がってくるレートに買いをぶつけ 上がってくるレートに売りをぶつけることで約定率を上げていっています。

そして、今回の目玉はGBPUSDペアのスプレッド2pipsかなと思っています。

今まで このペアのスプレッドは広かったので興味のある通貨ペアでもスキャルピングでガンガンエントリーするということはなかったのですが、スプレッドが2pipsとなると話は変わってきます。

メインで取引しているGBPJPYペアはUSDJPYとGBPUSDが逆相関でガンガン動いている時(一方が上がり、一方が下がる)、あまり動かず狭いボックス相場を形成することが多いです。

そんなときは指をくわえてじっとしているかEURJPYペアやEURUSDペアの動きを見て、チャンスがあれば そちらにエントリーしたりします。

基本的にレート変動幅の小さいUSDJPYに手を出すことはあまりなく、USDJPYやGBPUSDが逆相関でガンガン動いている時、今回はキャンペーンということもありGBPUSDの取引もガンガンしていきたいですね。





【2011/07/02 18:06】 | FX業者比較
トラックバック(0) |
さて、今年8月からFX取引のレバレッジが25倍となります。

昨年から規制が厳しくなってきたレバレッジですが、昨年8月以前から比べると100倍から25倍になるわけですから 証拠金が同額なら最大4分の1までしかポジションを持てないということになります。

無茶な取引ができなくなって中には助かる人もいるでしょうが、大きく動いたときにレバレッジを効かせて取引する人が少なくなったため GBPJPYなど値動きに変化が出てきたように感じます。

ボラティリティが減少したというか値動きがマイルドになったというか、トータルで考えて取りづらくなったと感じます。

取りづらくなった理由として上記がそのひとつ。そして、FX業者のシステムもだんだん進化してきて おいしいところでは約定させてくれなくなってきました。

昔は、ここぞという場面で どんどん約定していたのに今はさっぱり…。

そして、レバレッジをかけた取引を短時間だけ利用する手法も今は使えなくなってきています。

こうして、だんだんFXもさびれてくるのでしょうか…。

レバレッジが25倍にまで落ち込むとFXから撤退するという声が相次ぐなか、新たなる投資手段がでてくるのでしょうか?

しかしながら、株式投資の信用取引よりもレバレッジ比率はいいので まだまだ人気は廃りそうにはないと考えています。




追記を閉じる▲

【2011/05/28 17:38】 | FX全般
トラックバック(0) |
円が対ドルで最高値を更新しました。

1995年の1ドル79.75円を大きく上回る76.25円ぐらいまで進みました。

この80円近辺は岩盤のように固いと言われていたようですが、薄商いの中で仕掛けられ あっさり割ってしまいました。(薄商いかどうかは不明ですが…)

割れてからストップロスを巻き込む展開で大きく円高が進んだのでしょうか?

今回の円高は長短時間にレートが進んだのですが ロスカットさせられた方は多いのではないでしょうか?

噂では、仕組み債のようなものが絡んでいる様子…。

この仕組み債でも 各団体が損害を被ったようなことも聞きました。

今は、為替だけ… 株だけ… 債権だけ…を見て大きな取引は できない時代になっており、その動きが顕著に現れるようになってきているようです。


それと、もう一つ気になることがあります。

東日本大震災が起こったときのレートの動きです。

チャートを見ると地震が起こった後、為替レートは円安に振ろうとしますが 円高方向に持っていかれてしまいます。

どう考えても円が売られる方向に間違いないと考えましたが、逆に円が買われて円高方向に持っていかれるというのは、相当大きな力が動いたと考えるべきです。

どうしても円高にしたかった… みたいですね。

為替は大きな金額で取引されているので、特定の人たちだけでは相場が動かないと思いましたけど、そうでもないのかもしれないですね。

さて、目的を達成したので 今後は円安方向に向いていくのでしょうか?


【2011/03/19 21:26】 | FX全般
トラックバック(0) |
昨年からのレバレッジ規制でボラティリティが下がり、GBPJPYペアの値動きが緩くなったように感じます。

値動きが緩くなった原因はレバレッジ規制によるものではないかもしれないですが、取りづらいと感じています。

さらに今年、最大レバレッジが25倍までとなりますので、一段とトレードが難しくなるかもしれないですね。

個人的にはトレードスタイルがスキャルピングに近いので、値動きは激しい方が利益に結びつきやすいのです。 よって、おとなしい値動きの相場はあまり歓迎できません。


現在 本業の仕事が忙しく、トレード時間が減っていることもあるのですが、昨年のレバレッジ規制前は月に100トレード以上していたのに現在は月10数回となってしまっています。

今後は、スキャルピングからデイトレードへ保有時間を延ばすことと、通貨ペアの見直しを行いEURUSD・EURJPYのトレード比率を上げて対応していきたいです。

そして、来月はサマータイムも実施されます。 トレードしている時間が値動きしやすい時間帯にかかるので、少し期待しています。


【2011/02/26 18:49】 | 未分類
トラックバック(0) |
いつか書かないといけないと思いつつ ずいぶん時間が経ってしまいました。

メタトレーダー4では、データを提供しているFX業者にもよりますが、使い出して約1ヶ月ほどでデモ口座の利用期限が終了する場合が多いです。

以前は3ヶ月ほど使える業者もあったのですが、現在使っているFX業者(ODL)などは利用期限が1ヶ月です。

1ヶ月の利用期限を越えると、MT4チャートを立ち上げても動かなくなってしまいます。

また、「waiting for update」の文字が出て動かなくなるときもあります。

ただし、土曜や日曜日などFX業者がデータ配信をしていないときはMT4利用期限内であってもデータを取得できない時間があります。

たとえば、木曜日からMT4を使っていなくて日曜日に週末までのデータを落として値動きを確認したいときなどです。

日曜日でも時間によってはデータが取得できるときがあるので、早くデータを取得したいときはMT4を立ち上げたまま他の作業をして データが配信されるのを待っています。

週末のデータ配信されていない時間帯を除いてMT4チャートが動かなくなったら、デモ口座の利用期限切れを疑ってみるのが手っ取り早いようです。

デモ口座の利用再申請はとても簡単でMT4チャートの左上のメニューバーの「ファイル」-「デモ口座の申請」をクリックし、以前入力したアカウント情報を入力(おそらくそのままアカウント情報が残っていると思います)し、「貴社からのニュースレター・・・」のチェックボックスをクリックしておき一番下の「次へ」をクリックします。


これですぐ使えるようになると思いますが、Windows 7 でMT4を使っているときにチャートに適用しているテンプレートファイルデータがエクスプローラー上で非表示になる問題が発生しました。

これではエクスプローラーからチャートの設定情報をバックアップできないしパソコンが壊れたときも困りますので、各チャートで適用しているテンプレートファイルをデスクトップにも再保存しています。

パソコンが変わったときやMT4を再インストールしたときなどに このバックアップしたテンプレートファイルを使おうと思っています。



【2011/01/25 21:29】 | チャート
トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。