FX(外国為替証拠金取引)をはじめよう


今後、自己責任という名のもとに自分の資産を自分で増やしていかねばならない時代が、そこまでやってきています。

本業だけでは、食っていけないと焦る前にFX(外国為替証拠金取引)の知識だけでも入れておくことをおすすめします。

本業の傍ら もう一つの収入の経路を作ってみませんか

画像が表示されないときは、再読込を お願いします



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MACDは 相場の転換点を示す指標という使われ方をしていますが、トレンドの方向性と その強さを計る指標として用いることもできます。

トレンドの方向性は MACD線が上向きか下向きかで判断し、強さはMACD線とシグナル線の広がり具合を見て判断しています。

当然、MACD単独の利用ではなく、他の指標と合わせて判断します。


さて、このMACDですが メタトレーダー4のデフォルト表示では MACD線が棒グラフのヒストグラム表示になっており、棒グラフとシグナル線の2つが表示されています。

MACD線とシグナル線のクロスを 売買基準の一つとして考えられている方には 使いづらいものになっています。

今回は このMACD線をヒストグラムの棒グラフからライン(線)に変える方法を記載します。

MACD線をラインにすることで ずいぶんと見やすくなると思います。


●ファイルの変更
まず、メタトレーダー4を立ち上げ、「ツール」メニューの「MetaQuotes Language Editor」
をクリックしてMeta Editorを立ち上げます。

右のナビゲーターウインドウの「indecators」をダブルクリックし、「MACD.mq4」をダブルクリックします。

すると、MACD.mq4ファイルが開きます。

そして、中ほどの//---- drawing settingsの部分を変更します。


//---- drawing settings
SetIndexStyle(0,DRAW_HISTOGRAM);
SetIndexStyle(1,DRAW_LINE);
SetIndexDrawBegin(1,SignalSMA);
IndicatorDigits(Digits+1);

の部分の
SetIndexStyle(0,DRAW_HISTOGRAM);
のHISTOGRAMをLINEに変え、
SetIndexStyle(0,DRAW_LINE);
に変更します。

↓このようになります。
//---- drawing settings
SetIndexStyle(0,DRAW_LINE);
SetIndexStyle(1,DRAW_LINE);
SetIndexDrawBegin(1,SignalSMA);
IndicatorDigits(Digits+1);

そして、Meta Editorの左上の「File」-「Save」 をクリックして上書き保存します。
一旦、Meta Editorとメタトレーダー4を終了して閉じます。


●MACDの表示
メタトレーダー4を立ち上げてみましょう。

変更したMACDを表示させる場合、対象のチャートを表示させた状態で、「挿入」メニューの「罫線分析ツール」-「カスタム」-「MACD」をクリックします。

「罫線分析ツール」-「oscillators」-「MACD」で表示すると デフォルトの棒グラフのMACDが表示されますので、必ず「罫線分析ツール」-「カスタム」-「MACD」で表示して下さい。

これで、2本線のMACDが表示されたと思いますが、線の太さや色は パラメーターを変更してお好きな物に変えて下さい。

 FXメタトレーダーベストインジケータパッ



FC2blog テーマ:テクニカル分析 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/04/25 23:44】 | メタトレーダー4
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。