FX(外国為替証拠金取引)をはじめよう


今後、自己責任という名のもとに自分の資産を自分で増やしていかねばならない時代が、そこまでやってきています。

本業だけでは、食っていけないと焦る前にFX(外国為替証拠金取引)の知識だけでも入れておくことをおすすめします。

本業の傍ら もう一つの収入の経路を作ってみませんか

画像が表示されないときは、再読込を お願いします



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX業者のスプレッドが横並びで接戦しています。
たとえば主要取引時間帯のUSDJPYペアスプレッドはDMM・クリックFX・外貨ex・外為ジャパンが0.4銭で横並びです。
そして、EURJPYスプレッドは0.8銭付近。GBPJPYスプレッドは1.3銭付近で争っています。
このレベルまできたら0.1銭0.2銭のスプレッド幅よりも各社の取引ツールの使いやすさ・約定率の高さ・その他サービスレベルの高さなどの方に重点をおいてFX業者を選別したほうがいいですね。
実際の話、どの業者がいいというよりも 自分で各FX業者に口座を開設して使い比べるしか方法はないと感じています。

FXブームからずいぶん時間が経ったので各社の取引システムも高いレベルで微調整が可能なシステムに仕上がっているのではないかと勝手に思っております。それは各ユーザー別に約定率を変えたり、レートの値動きで約定率を変更したりしているように思っています。
下手な顧客は注文してもガンガン約定するが、うまい顧客は注文しても約定しにくいとか・・・
以前から噂にはなっていたところもあるようですが・・・

上記はスキャルピングをする時の話で、ポジションの保有時間が長くなれば話は違ってきます。
ポジションの保有時間が長くなればスプレッドの0.1銭の違いなんて関係なくなりますし、約定率もそれほど悪くならないように思います。
業者選びは自分の投資スタイルによっても変わってきます。
スキャルピングが多い方は、今後 ポジションをとってから保有時間を延ばすことも考えてみてはいかがでしょうか?



【2012/09/22 08:07】 | FX業者比較
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。