FX(外国為替証拠金取引)をはじめよう


今後、自己責任という名のもとに自分の資産を自分で増やしていかねばならない時代が、そこまでやってきています。

本業だけでは、食っていけないと焦る前にFX(外国為替証拠金取引)の知識だけでも入れておくことをおすすめします。

本業の傍ら もう一つの収入の経路を作ってみませんか

画像が表示されないときは、再読込を お願いします



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXのチャートソフトはMT4と呼ばれるほど有名なソフトですが、初心者の方など過信されたり誤解されたりしている点があるように感じましたので以下に感じたことを書いておきます。


1.MT4(メタトレーダー4)は各社 サービスを提供しているがレートはそれぞれバラバラである
FXを株のように証券取引所で決まった株価で取引されていると思っておられませんか?
FXは取引所での取引もありますが、基本は各FX取引業者がユーザーと取引している相対取引形態です。
ですから、MT4も細かなレートを見比べると各社レートに差があります。

ということはレートに差があるので、トレンドラインを引くと その角度やラインブレイクアウトのタイミングが各社でズレてきます。
このような場合は、過去のチャートを検証してラインブレイクアウトでレートが反発したりしている会社のMT4を使うようにしたいです。

2.MT4は各社 サービス提供している時間が違う
ここでいう時間とは日足の区切りの時間や4時間足の区切りの時間のことです。
1分~1時間足は問題ないのですが、4時間足や日足の区切りの時間が違ってくるとA社とB社とではボリンジャーバンドの値が変わってきます。ですからA社では+3σタッチとなっているのにB社ではそこまではいかないといったことが起こってきます。
4時間足や日足ボリンジャーバンドを売買基準にされている方は要注意です。

3.MT4を過信しないこと
レートが大きく動く時などMT4が固まり、しばらくしてから動き出すことがあります。
これは、無料でシステムを利用している我々にスキャルピングの仕込みをさせたり決済をさせないようにするためのものかな?と感じています。だって、MT4の本当の利用顧客はFX取引業者ですから、こちらを損させるわけにはいかないと思っています。
レート配信が滞ったら注意しましょう。

以上簡単に気づいた点を書かせていただきました。


【2012/02/26 23:03】 | チャート
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。