FX(外国為替証拠金取引)をはじめよう


今後、自己責任という名のもとに自分の資産を自分で増やしていかねばならない時代が、そこまでやってきています。

本業だけでは、食っていけないと焦る前にFX(外国為替証拠金取引)の知識だけでも入れておくことをおすすめします。

本業の傍ら もう一つの収入の経路を作ってみませんか

画像が表示されないときは、再読込を お願いします



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMM FXといえば 低スプレッド提供業者のトップクラスを突っ走っているFX業者です。
今回8月末までのスプレッドキャンペーンが終了し、このあといつものようにキャンペーンを継続するのかどうか気になっていたのですが、ほぼ同じような内容で10月末まで継続するようです。
特にGBPJPYペアは前回のスプレッド1.6銭から0.1銭下がり1.5銭となります。
0.1銭ですが、その気持ちがうれしいですよね。

あまりスプレッドにこだわってしまうとトレードタイミングを逸してしまうのですが、新規エントリーをスリッページ0設定、決済注文も一応スリッページ0,クイック決済はスリッページなしでトレードしているのでクイック決済時は思わぬレートで約定する時もあります。
(スリッページは注文した時のレートとFX業者サーバーのレートとのレート差が設定したスリッページの値内であれば約定し、スリッページ値より大きい場合は約定拒否となります。)

基本的なトレードスタイルが上がってくるレートに売りをぶつけ、下がるレートを買い向かうスタイルなので約定しやすいはずなのですが、時に拒否されるケースもあります。
低スプレッド業者で約定拒否率を少なくするためには…
1.約定拒否を避けるためには下げ止まりを狙って買うのではなく下がっている途中で買う?→怖すぎ!
2.狙う値を決めて指し値注文にする
3.スキャルピングをやめて もう少しポジション保有時間を長くする

昔は低スプレッド業者でもガンガン約定していたのですが、近頃なかなか簡単には約定しなくなってきました。
勝手な思いとしては、レートがガクッと下がった時にすぐレートを戻すのではなく 少しの間はその下がったレートに留まって約定させてほしいなぁと思っています。









【2011/09/03 17:40】 | FX業者比較
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。