FX(外国為替証拠金取引)をはじめよう


今後、自己責任という名のもとに自分の資産を自分で増やしていかねばならない時代が、そこまでやってきています。

本業だけでは、食っていけないと焦る前にFX(外国為替証拠金取引)の知識だけでも入れておくことをおすすめします。

本業の傍ら もう一つの収入の経路を作ってみませんか

画像が表示されないときは、再読込を お願いします



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円スプレッドが1銭を切る光景は よく見かけるようになったのですが、なんとポンド円スプレッドが2銭を切る時代に入ってきました。

ポンド円は 値動きがあり、スプレッドは開き気味なのですが、デイトレーダーの活躍により ポンド円のスプレッドを狭くしても採算が取れるようになってきたのでしょうか?

または、人気のドル円で勝負しても これ以上は業者同士のつぶし合いになりかねないので 対象をポンド円に切り替えたのでしょうか?

基本的に デイトレード、特に1分足などを見ながら 一つの波動を狙ったり、上昇中の飛び乗りエントリーをして勢いが止まったらすぐに手仕舞いするスキャルピングでは、スプレッドが要となります。

一つの波動を狙ったとして 安値買いの高値売りができたと思っても 普通の人だったら値幅の半分取れたら良いところではないでしょうか?

もし、一つの波動の値幅が20銭あったとして、10銭取れる腕があるとします。

スプレッド6銭や8銭の業者でトレードすると、利益は4銭や2銭です。半分以上は FX業者の儲けとなりかねないですね。

しかし、スプレッドが2銭となると 話は変わります。

スキャルピングトレードで10銭取れる腕があった場合、スプレッドが2銭だと 8銭の利益となりますし、ポンド円ペアは 値動きに値幅がありますので、飛び乗り、飛び降りも可能となってきます。

トレード開始時の評価損がマイナス6銭や8銭のスタートとマイナス2銭からのスタートとでは 気分的にも大きく違います。

これからポンド円ペアは 大きな転換点を迎えるかもしれませんね。

ただ、問題は スプレッドが狭くなってくると エントリーポイントとイクジットポイントも狭くなりがちなので 今までのような値幅のある値動きをしない 小刻みな上下を繰り返して 上昇していったり下落していったりする値動きに変わってしまう可能性もありますね。 そういった値動きは あまり好きではないですけど…


■ ポンド円スプレッド1.9銭固定キャンペーン

時間指定ですが、5月8日 22時~23時までポンド円スプレッド1.9銭固定キャンペーンをEMCOM TRADEがしていました。

来週5月13日 18:30~19:30に1.9銭固定キャンペーンがあり、今月5月に 何度か行われる予定です。

そして、評判が良ければ 続けていく予定のようです。

ちなみに、ドル円は 時間指定で 0.5銭固定です。

5月8日は パソコンに張り付いていましたが、残念ながらポンド円の値動きが気に入らなかったのでエントリーできませんでした。

プライスボードを見る限りでは ちゃんとスプレッド1.9銭を 1時間の間 維持していました。

次回は 時間的にエントリー出来るかどうかわかりませんが、22時台にキャンペーンが行われたら また、パソコンに張り付きたいと思います。

今なら、口座開設して 5万円以上を入金し 1回以上の取引をすると 5000円をキャッシュバックしてくれます。 トレード資金の足しにどうぞ !!

↓↓↓ EMCOM TRADE
最大110,000円キャッシュバックキャンペーン中!【EMCOM TRADE】


■ ポンド円スプレッド2銭~

MJ Spot Board (スポットボード)では 5月中、ポンド円(GBPJPY)スプレッドを2銭~にするキャンペーンを行っています。

MJも ここ最近 ポンド円ペアのスプレッドに注目している業者です。

時間指定でキャンペーンを行っていた時は トレードしていましたが、やはり 狭いスプレッドは魅力ですね。

時間指定から期間指定に変わっているということは 評判が良かったのでしょうね。今後も期待出来そうです。

ちなみに、ゴールデンウィークは ポンド円スプレッド3銭以上開いていたような… 気がしますが… 見間違いかな?

↓↓↓ Spot Board
信託保全と24時間サポートで安心の資産管理『Spot Board』


ひょっとすると、今後 ポンド円GBPJPYペア 夢のスプレッド1銭固定業者がでてくるかもしれないです。

もし、そのレベルの業者がでてきたら、月間売買ロット数100ロットや200ロットぐらいが条件でもOKです。(翌月に売買ロット数×1銭をキャッシュバックしてくれるとか…)

だんだんと楽しみが増えてきました。

FX業者さん、がんばって!!

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:FXデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/05/09 20:37】 | スプレッド
トラックバック(1) |
取引手数料無料で 米ドルスプレッド1銭のFX業者が増えてきました。

長期投資のスタンスで投資している方には ???という感じでしょう。

しかし、短期売買のスタンスで投資している方には 大変大きな意味を持っています。

スプレッドは 為替レートの買値と売値の開き(差)のことですね。

FXの売買トータル費用は、「買うときの手数料」+「売るときの手数料」+スプレッド分と言われます。

これに当てはめてみると 米ドルを1万ドル トレードしたときのトータル費用は ¥100円となります。

ホント 安くなりましたね。

昔、外貨預金をしていた頃は 1万円ほど払っていたような・・・

デイトレードのスキャルピングが バンバンできる手数料体系になってきて うれしいです。


米ドル1万ドルの売買経費が ¥100円というのは 大変安いのですが、スプレッド1銭には 別の深い意味があります。

これは、短期売買に威力を発揮することなのですが、たとえば、為替チャートは通常 BID(売値)チャートかASK(買値)チャートかの どちらかを見ていると思います。

BID(売値)チャートには、最安値は表示されても 最高値は表示されません。

最高値はASK(買値)チャートに表示されます。(最高値で買うことはできても、スプレッドがあるため その価格で売ることはできませんね)

逆に 最安値はASK(買値)チャートには表示されません。

本来なら、BIDとASKと合わせたチャートがいいのでしょうが、見にくいので 売値チャートか買値チャートか どちらか1つを見るようになったのでしょうね。


たとえば、為替レートの1つの波動を見てみると BIDチャートの最安値が100.00、ASKチャートの最高値が100.20あったとしましょう。

この振幅幅は 20銭ですが スプレッド1銭だと 理論上100.01で買うことができて 100.19で売ることができる計算です。

しかし、スプレッド5銭のFX業者だと、理論上 100.05でしか 買うことができません。

そして、100.15でしか売ることができません。

スプレッド1銭のFX業者だと 18銭の利益を狙うことができるのですが、スプレッド5銭の業者だと10銭の利益を狙うことになります。

この8銭の差は とても大きいのです。

トレード毎に かかってくるのですから・・・

超短期売買においては、狭いスプレッドが命綱 かな?と思っています。


☆ 米ドル スプレッド1銭のFX業者 ☆

MJ Spot Board (スポットボード)の詳細

外為オンラインの詳細

FROM EAST(フロムイースト)証券 FX3.0 の詳細

FXブロードネットの詳細

パンタレイ証券 みんなのFXの詳細

FC2blog テーマ:FXデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/03/09 22:19】 | スプレッド
トラックバック(2) |
外貨を買う場合、買値(Offer又はAsk)と売値(Bid)が表示されますが、この差をスプレッドといいます。

要は買える値段と売れる値段の開きのことです。

このスプレッドはFX業者によっても違いますし、通貨によっても違ってきます。

さらに、為替レートが急騰急落したりするとスプレッド幅が大きくなります。

通常3銭のスプレッドが8銭や9銭になることもあります。

第2の取引手数料といえるのかもしれません。

次 へ

【2006/12/08 14:35】 | スプレッド
トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。