FX(外国為替証拠金取引)をはじめよう


今後、自己責任という名のもとに自分の資産を自分で増やしていかねばならない時代が、そこまでやってきています。

本業だけでは、食っていけないと焦る前にFX(外国為替証拠金取引)の知識だけでも入れておくことをおすすめします。

本業の傍ら もう一つの収入の経路を作ってみませんか

画像が表示されないときは、再読込を お願いします



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ規制後、GBPJPYなんか 特に値動きがおとなしくなり、全然トレードできていないです。

他の通貨ペアの動きが良くなっているので、皆 そちらに行っているのでしょうか。

GBPJPYも長期のレジスタンスラインを抜けると思うので 少しは値動きが活発になることを期待しています。


さて、今回はボリンジャーバンド3σ越えエントリーについて書きたいと思います。

通常は、為替レートがボリンジャーバンド3σ越えをすると一斉に逆張りエントリーが増え、その時間足内では3σ以内でおさまるような値動きになりやすいです。

これを利用した3σ越えエントリーで かなり利益が上がったことも確かですが、気を付けなければいけないことがあります。

いろんなサイトや情報商材などで確率の高い利益獲得法として このボリンジャーバンド3σ越えエントリーが紹介され、既知の事実となりつつあります。

このような場合、大きな資金は利益が取りやすい方法を選んで実行した個人投資家に対して“逆方向”にレートを進ませることが多いです。(株式投資の場合も同じ)

3σを越えたからといって逆方向の取引(逆張り)でエントリーすると一旦は戻っても、さらにレートが進んでいくときがあります。

このような場合トレードの時間に余裕があるので、どうせレートが戻るのだからと安易に玉数を増やしていくと3σ越えをしている時間足内で戻らなくて、レートがその後もどんどん上がっていくことがあります。

そして、途中で撤退…

ボリンジャーバンド3σ越えエントリーで8割方勝っても残りのうち1割5分ほどはほぼ同値撤退、のこりの3分ほどでしこたまやられることが多いです。

現状では ボリンジャーバンド3σ越えエントリーで利益は出ているのですが、大きくやられる「3分」の割合が 増えつつあるように感じています。

皆がやりだした手法は、投資の世界では赤信号ですね。

ボリンジャーバンド3σ越えエントリーをする際は レバレッジをかけすぎないよう注意しましょう。

スポンサーサイト

【2010/11/07 17:34】 | 投資法
トラックバック(0) |
今回は、以前 このブログに掲載した「低スプレッドFX業者の注文約定率を上げる」の成行注文版と考えて下さい。

低スプレッドFX業者での ストリーミング注文や成行注文で 約定率を上げる方法に注目したいと思います。

基本的に 低スプレッドFX業者の注文システムは為替レートの値動きに対して、かなり シビアに反応する印象をもっています。

比較的 低スプレッド業者ではないFX業者の場合ですと、上昇するレートを追いかけるように 買い注文を出しても 約定するケースが多かったように感じていますが、低スプレッドFX業者の場合は、自ら 許容スプレッドを広げる「スリッページ設定」をしても 上昇する為替レートを追いかけるように買い注文を出したところで 約定拒否されるケースがとても多いと感じています。

実は、低スプレッドではないFX業者の場合 表示されているレートより 高い値段で約定していたことも多く、実際、クリックした時には 何円だったという証拠もないので そのままになっていますが、低スプレッドFX業者では 約定価格にシビアな顧客が多いため、表示されているレートを大幅に乖離して約定した不利な注文に対しては 顧客からクレームが付きます。

そもそも 低スプレッドが目的で 口座を開いている顧客は デイトレードや 小刻みな利益を積み上げるスキャルピング派のトレード手法を使う方が多いので 約定時のレートにおいても注意して見ているわけです。

だから 表示レートから乖離したレートでは 約定しないようにしているのでしょうね。

では、注文が約定しやすいようにスリッページ設定を2や3pipsにしてしまうと 低スプレッドFX業者に口座開設している意味がなくなります。

では、どうしましょうか?


何度もテストを含めて 実践しているのですが、低スプレッドFX業者のシステムでも 問題なく注文を約定させることができる手法があります。

それは 上昇しているレートに「買い」注文を出すのではなく 上昇してくるレートには「売り」注文をぶつけ、下落してくるレートには「買い」向かう方法が とても効果的です。

基本的に私のトレード手法が「逆張り」なので、苦労はなかったのですが、注文の約定率は95%以上ではないかと感じます。

「当たり前じゃないか」と言われるかもしれませんが、知らない人も多く、また、使っている人は 使っているようです。

トレード手法の違いもあって、上昇するレートに合わせて「買い」を入れるトレード手法をされている方には 難しく感じられると思いますが、比較的 保合い相場の ボリンジャーバンド近辺での売買には 功を奏するのではないと感じます。


【2009/01/24 20:03】 | 投資法
トラックバック(0) |
スキャルピングトレードを目指している方や 実際にスキャルピングトレードをされている方にとって、新規注文が約定した後に 決済注文画面を出す準備の時間は 短ければ短いほどいいです。

新規注文を出して約定した後 急激に思惑と逆方向にレートが進んだ場合、決済注文画面が出ていないと損切りしたくてもできません。

FX業者の中には 同一画面で買いと売りの注文画面を出したりすることができて、尚かつ 両建てが可能な業者もありますので、新規にポジションを持った後に すぐ(仮の)決済注文を出す準備ができます。

新規注文を出す際、「買い」と「売り」の注文ができるようにしておき、ポジションを持った後 思惑と逆行してレートが進んだ場合、ポジションを持っている方向と逆の方向の新規注文を出すことにより、短時間でポジションを仮に決済することができます。(新規買いポジションを持っている時は 新規売りポジションを持ち両建てにする)

次のトレードでは 保有しているポジションを決済するトレードになります。

もし、次のトレードで「買いたい」ときは 新規売りしたポジションの決済「買い」をします。手仕舞いたい時には 新規買いしているポジションの決済「売り」をします。

これで、2往復のトレードをしたことになりますが、結果としては新規注文-決済注文を2度したことと変わりはありません。2トレードで1セットですね。

ちなみに、クリックFXでは 注文のウインドウを複数出すことができ、両建ても可能です。


しかしながら、上記のようなことができないFX業者で取引をしている場合や もっと短時間で決済注文を出したい場合は パソコンを2台用意します。

そして、2社のFX業者に口座開設をし、口座別に「買い」と「売り」を分けます。

操作する時は、一方の口座で新規買い注文を、別の口座で新規売り注文を出しておきます。

マウスを両手に持ち、新規注文や新規「買い」注文を右手のマウスで…などと決めても良いと思います。

すぐに決済する必要のない時は 右手のマウスで操作する口座で決済注文画面を出せばいいですが、すぐに決済注文を出したい時には 左手に持つマウスで操作する口座で仮に決済します。

次のトレードでは 新規売りポジションしている口座の決済買いが「買い」、新規買いポジションしている口座の決済売りが「売り」となり2トレードで1セットです。

ただし、2社の口座を使う時は 表示レートが同じように動いていることを確かめる必要があったり、スプレッドが同じである必要があります。

よく似た動きをしている業者としてパンタ・レイ証券「みんなのFX」MJ「SpotBoard」などがあります。

おすすめではないのですが、同じFX業者で自分と家族名義の2つの口座を開いて2台のパソコンでトレードしている方もいるでしょうね。

お笑いのような手法ですが、新規買いから仮の決済注文まで0.3秒…ということも可能です。

但し、資金は2つの口座にそれぞれ必要なので、超短期トレード向きですね。


【2008/12/23 13:17】 | 投資法
トラックバック(0) |
外国為替取引業者の実質取引手数料であるスプレッド(通貨の買い値と売り値の差)は 低下の一途をたどっていますが、各業者のホームページで謳われているスプレッドと実際に取引されているスプレッドは違っていることがしばしばあります。

特に、ポンド/円通貨(GBPJPY)などは ひどく、スプレッド3銭や4銭以上という謳い文句を無視するかのような価格を提示している業者も多いです。

表示されているレートで成行注文を出しても約定を拒否されるケースも多く、約定率を上げるためにはスリッページ設定にて、許容スプレッドを自ら広げる必要があります。

スプレッドを広げてしまうと 低スプレッド業者で取引する意味が薄れてしまいます。

これは 最近の金融不安の影響で 為替レートの変動率が異常に高いことが原因なのでしょうが、特にデイトレードなどの取引手法を使う人にとって スプレッドは取引の要にもなるポイントですので無視することはできません。


まずは、実際の取引レートをホームページ上で表示している業者のなかで スプレッドの狭いレートを表示している業者をサーチしてみます。

日本時間の夜 9時頃から翌日1時頃までのボリュームのある時間帯に狭いスプレッドを提供してくれるFX業者で口座を開設してみましょう(相場急変時はスプレッドが広がります)

狭いスプレッドを提供してくれる業者で取引しようとしても、成行注文やストリーミング注文で注文を出しても約定しないことがあります。

これは、注文時に表示されている取引レートと実際のレートが乖離している場合があります。注文時に表示される取引レートは見やすいように ある程度 ゆっくりレートが変わりますが、実際の取引レートは めまぐるしく変わっているので、注文ボタンをクリックした時には 取引レートが変わってしまっていることがしばしばあるようです。

だから、約定率を上げるために スリッページ設定をしてスプレッドを広げた場合、思わぬレートで取引が約定する場合もあるわけです。

短期トレードにおいてのエントリーポイントは とても重要と考えており、エントリー価格が思わぬ高値買い、新規安値売りになると 私の場合は 目先 損失を出す確率が高くなり、やる気がなくなってしまいます。

それでは どうしましょうか?

訓練して 指値注文をしてみませんか?


やり方としては、まずワンクリック注文できる業者において、ワンクリック注文ができる状態に設定します。

次に 指値注文画面を出して 注文価格の小数点以下2桁か3桁を反転表示させて テンキーで数字を打ち換えることが可能な状態にしておきます。

キーボードを左側にずらし、左手でテンキーの部分を操作するか 個別のテンキーを購入して左側に置きます。

右手でマウスを操作し、カーソルを注文ボタンの上に置いておきます。

希望のレートになったときに、左手で注文価格の小数点以下を打ち込み、右手で注文ボタンをクリックします。

これで、思わぬレートでの約定はなくなり、短期トレードにおいて 利益を出せる確率が上がります。

やってみると 思ったよりも約定率が上がっており、損失が出たとしても エントリーポイントを間違っていないため 納得できるトレードとなっていることが多いです。

特に効果があるポイントが ボリンジャーバンドのバンド接近時のカウンタートレードでしょうか。

バンド接近時に その時のレートで 価格を打ち込み注文ボタンをクリックすると 結構いいトレードができています。

慣れると ここだと思った時、0.5秒ほどで注文を出せるようになると思います。

注文が約定したら、すぐに決済注文画面の成行注文を出せる状態にしておきます。

エントリー注文を指値で、決済注文は 必ず約定させたいので成行にしています。

決済注文を出すポイントが わかっていれば 決済注文も指値注文にしてもいいかもしれないですね。


FC2blog テーマ:FXデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/12/21 11:06】 | 投資法
トラックバック(0) |
そろそろ肌寒い季節になり、年末の税金対策を考えられている方も多いのではないでしょうか?

今年のFXトレードの利益が100万円以上ある方(非クリック365)や他の所得の多い方、または FXトレードの損失がマイナス100万円以上(非クリック365)ある人には 準備しておいて損はないと思います。

特に、FXトレード利益が100万円以上ある人で他の年間所得の多い方(330万円以上)は メリットが多いと思います。

具体的な方法としては、くりっく365に対応したFX業者に口座を開設し、現在取引しているFX業者(相対取引業者)と両建て取引をします。

例えば、ここ数週間の流れで ドル円が一時的に円安へ向かう局面だと判断すれば、くりっく365業者でドル円を買い、非クリック365業者(相対取引業者で低スプレッドの業者)でドル円を売ります。

できれば同値に近いところで両建てしたいので 流動性のある時間帯(日本時間夜の9時よりも前)で 大きな経済指標発表を控え 為替レートが動きにくい金縛り状態の時に両建てするのがベターかもしれません。

数日後、レートが思惑通り円安方向に進んだら また、為替レートが動きにくい時間帯に両方のポジションを解消します。

あまり、長期間保有すると スワップポイント損失が発生するし、資金の時間的な損失にもつながりますので 注意も必要です。

同値に近い金額で両建てして決済するので、為替差損は極力抑えた形で 非くりっく365業者からくりっく365業者へ利益移動が可能となります。

これにより、くりっく365の一律20%課税が実現できることになります。

また、FXトレードで100万円以上損失があるが 金融資産に余裕がある方は、くりっく365の損失繰り越し控除を検討しても良いですね。

上記と同じ方法で 現在の非くりっく365業者からくりっく365業者へ100万円の損失を移動することができれば 3年間 損失を繰り越すことができます。

翌年、100万円の利益が出れば、この分に関しては税金を免除されるというものです。


一応、くりっく365では 20万円以上の利益に対してメリットがでる仕組みですが、あまり低い利益では意味がないと判断して最低100万円上の利益や損失を受けている人に対して考えてみました。

また、注文する通貨の単位数は 利益額等により異なりますので、ご自分の利益額を勘案した単位数と考えて下さい。

ただし、思惑と逆方向に進めば 税金を余分に払う可能性もありますし、年末までに両建てを解消する必要もありますので、多少なりとも自信のある方 向けかもしれません。

この手法は FXのトレードをすることにより 実現できるわけですから 脱税には当たらないと思いますが、一応 自己責任で ご判断下さい。

主なくりっく365業者


【2008/10/19 12:24】 | 投資法
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
近頃、FXの自動売買が注目されています。

メタトレーダーにプログラムを入れて自動的にコンピューターが売買…

怖い反面、興味のある分野でもあります。

為替レートがこうなったら…オシレーター系指標がこの値を超えたら…さまざまな条件をクリアしたときに自動的に売買。

行く末は バックテストを繰り返し、自分独自のプログラムを組んで 売買してみたいです。

でも、今までは 海外のFX業者に口座開設をして 取引をする必要がありましたが、国内のFX業者もFXの自動売買サービスをはじめだしています。

自分独自の勝率の高いプログラムができれば 本業の仕事をしている間に 自動売買機能がかってに儲けてくれる…まさに、金のなる木ですね。

この自動売買機能を提供してくれるのが 世界80カ国以上にユーザーを持つCMS(FX)です。

CMS(FX)では、VTトレーダーと呼ばれる ソフトウェアを用いて 自動売買ができるのですが、最初から11種類の自動売買機能が装備されており、パラメーターも自分で設定することができます。

さらに、トレーディングシステムビルダーというユーティリティを使って、自分独自のプログラムを作成することも可能です。(必要な関数は搭載済み)

特に急いで 自動売買システムを完成させる必要はないですが、将来に向けて、相場の勉強しながら 自動売買の勉強をすることも楽しそうです。

尚、CMS(FX)は 取引手数料無料、米ドルスプレッド2銭(1万米ドルの取引コスト200円)のFX業者です。


【2008/10/19 08:26】 | 投資法
トラックバック(0) |
フィボナッチ数列を使う

フィボナッチ数列は 為替レートが上昇したり、下落したときの戻りの目標値としてとらえたり、上昇中や下落中のレートの目標値としてとらえたりします。

為替レートが 今回の安値をつけて上昇していき、前回の高値を越えて 一旦 今回の高値を打って 調整して戻したとしましょう。

この安値から高値までの値幅が100pipsあった場合、高値から 100×0.382=38.2 ほど戻したところで一旦 下落が止まるであろうと考える人の買いが入ります。

そして、この値を割って下落したときには、高値から 半値戻しの50pips付近で買いが入ります。

半値戻しの値も割ってきたときには、100×0.618=61.8 ほど戻したところで止まるだろうと考える人の買いが入ります。
これも割れると、全戻し。今回の安値を割るかどうか注目されるわけです。

今回の安値を割らずに上昇したら 上昇トレンド中と考えられますが、今回の安値を割ってしまえば、下落トレンド継続中となります。

また、上昇中の売り目標値ですが、前回高値やトレンドラインなどを考えない場合、調整下落幅の1・1.382・1.5・1.618・2などが売り目標値とされます。

調整下落幅が 50pipsだった場合、前回の安値から 50×1.382 そして50×1.5 50×1.618 50×2 が目標値と考えられます。

フィボナッチは 上昇波動に乗っているときに 買い目標値として 「前回の上昇幅の半戻しで買い」をよく使います。

尚、対象通貨ペアはGBP/JPYで 運用しています。


FC2blog テーマ:FXデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/09/23 17:54】 | 投資法
トラックバック(0) |
今回は ストキャス スローを使います。
ストキャススローはオシレーター系指標のひとつで 買われすぎ・売られすぎを示す指標で、かなり使えるものと 個人的に思っています。

ストキャススローの値が 90以上で買われすぎ、10以下で売られすぎとしていますが、一般的には 80以上で買われすぎ、20以下で売られすぎとされているようです。

そして、使う分足は 5分足を使用していますが、これは自分の投資手法によって 変えられたら良いと思います。

ストキャススローのパラメーターですが、5分足の場合で 15-3-3で 運用していますが 自分の好みで変更されたらいいのではないかと思います。

なお、対象通貨ペアはGBP/JPYで 運用しています。


このストキャススローの値が10ぐらいになれば 買いエントリーを考え、5分足や1分足のレジスタンスラインブレイクを待って買いエントリーします。

ただし、売り圧力が強いと ストキャススローの値が10以下で推移しながら 為替レートだけが下がっていくといった状況もしばしば見られますので、個人的には 保合いのトレンドが発生していない相場でよく使います。

ストキャススローで反転ポイントを見極める もうひとつの使い方が あります。
ストキャススローの値が どんどん下がっていき 値が10付近に来たときに ストキャススローにレジスタンスラインを引きます。

そして、このレジスタンスラインをブレイクしたときに 買いエントリーするという手法です。

買いエントリーしたあとは 1分足や5分足チャートのサポートラインを割るまで 保有したりします。(前回高値付近で売る場合もあります)

売りエントリーする場合は、上記の逆のパターンでいいかと思います。

このストキャススローは 口座開設すると無料で利用できる マネーパートナーズのハイパーチャートに搭載されていますので ぜひ利用したいものです。

マネーパートナーズは取引手数料無料 米ドルスプレッド2銭100%信託保全の優良FX業者ですので 口座を開いていて損のないFX業者だと考えています。


FC2blog テーマ:FXデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/09/23 17:53】 | 投資法
トラックバック(0) |
FXでは 基軸通貨である米ドルの行方が 注目されます。

そして、米ドルの為替レートの変動にあわせて ほかの通貨も変動することが多いです。

為替レートが変動しやすい時間は やはり経済指標発表直後やニュースが発表されたあとです。

急なニュースは 予測不可能なので、経済指標の発表時刻に的を絞ります。

各通貨の経済指標発表時刻は 数社のFX業者ホームページに掲載されてありますので、そちらをご覧ください。

米ドルであれば 夏時間の夜 9時半や11時ごろに 各種経済指標が発表されるわけですが、このときに為替レートが大きく動いたら その方向性を確認しておきます。

5分くらいは どちらに向いて動いていくのか 確かめる必要があります。

そして、方向性がはっきりわかったら、1分足チャートの10本移動平均線に近づいたときに エントリーします。

ただし、10本移動平均線を割っていくようであれば 決済して損切りします。

10本移動平均線を割らずに 進んでいくようであれば ぐっと伸びたところで 決済してみましょう。

わかりにくい説明なので、1分足のサポートラインを割ったときに 決済する としておきます。

余裕があれば、1分足10本移動平均線を始値で割ってきたときに決済してもいいです。

FXで儲ける方法2は 経済指標発表後に方向性を確認してから1分足10本移動平均線上にレートがある時に売買です。


FC2blog テーマ:FXデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/09/23 17:52】 | 投資法
トラックバック(0) |
FXで儲けるには まず FX取引業者に取引口座を開設しないといけないですね。

FX取引口座を開設して取引をはじめるわけですが、口座を開設するのであれば キャンペーン中で キャッシュバックや書籍がもらえるFX業者に口座を開設するほうが お得です。

投資資産がプラスから はじめることができるということは 精神的にも優位に スタートをきることができます。

そして、チャートなどの情報を見ることができるFX業者も 口座を開設することを おすすめします。

FXをはじめるときは 最低2社のFX業者に口座を開設しておくと 万が一 システムトラブルがあったときに もう1社で取引ができるし、システムトラブルで保有外貨を決済できないときには もう1社で 反対売買をしておくと 為替の変動リスクを回避することができます。

今、FX業界は激動の中を 進んでいます。

昨日まで とても良いサービスを提供していたFX業者Aが人気だったのに、今日からはもっと良いサービスを提供してくれるFX業者Bが 急に出てきたりします。

FX業者のサービス情報には 目を通しておかれることが大切です。


FXで儲ける方法 その1は 「口座開設キャンペーンをしている業者で口座開設をして 軍資金を稼ぐ」です。

口座開設キャンペーンをしているFX業者」をアップしていますので キャッシュバックキャンペーンなどの情報をGETしてください。

チャートなど FXの情報を提供してくれる優良FX業者は マネーパートナーズです。

取引手数料も 比較的 安めの設定です。

外為オンラインは取引コストが安めの 優良FX業者です。

口座を開設されておかれることを おすすめします。


FC2blog テーマ:FXデイトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/09/23 17:51】 | 投資法
トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。